浦田雅也君 
(誕生〜診断) 平成17年2月4日、2798gで元気に生まれました。
ミルクを飲む度に鼻へ逆流し飲みも悪くなかなか体重が増えない。
おすわりやはいはいも遅く独歩は2歳半の時でした。
3歳まで大学病院に通い様々な検査をしましたが原因が分からず、ついた病名は「原因不明の発達遅滞」・・その後千葉県こども病院を受診してみたところ粘膜下口蓋裂があることが分かり鼻への逆流の原因が判明。
4歳時に裂を閉じる手術をし逆流が軽減、同時に言葉の発達が進みました。
それでも体はなかなか大きくならず歩行は不安定で何かの病気であるのだろうと思いながらも肝心な事が不明でもどかしい日々でした。
同病院で診察やリハビリを受けながら経過観察を続け、5歳時には両足尖足の手術(筋肉解離術)を受け歩きやすくなった事で駆け回って遊びました。
7歳時に千葉大学医学部付属病院への受診を勧められ、そこでコケイン症候群と診断されました。

(集団生活と療育) 1歳から保育園に通い、小さい体で沢山の刺激を受けながら友達や先生と楽しい日々を送りました。
体調を崩す事も多かったですが、様々な経験が成長に繋がり出来る事が増えていくのがとても嬉しかったです。
3歳からは並行して月1回言葉の教室に通い言語力認知力を養い、病院でのPT・OT・STのリハビリを頑張っていました。
小学校は特別支援学校へ入学。
体力もつき体調を崩す事も殆どなく、学校大好きで毎日楽しく通う日々。
字を書く事の楽しさを知り学校の勉強も頑張ってるようです。
現在月1回のペースで障害児学習塾に通い文字や数の勉強をしています。
病院でのリハビリも継続中。
発語の不明瞭さは手話やジェスチャーでカバーしお喋りを楽しみ中。
中学部になった今、思春期を迎え反抗的な一面もありながら色々な事を頑張っています。
雅也は人と関わる事が大好きで好奇心旺盛、面白い事を見つけるのが得意なおちゃらけキャラです。
物怖じしない性格でこちらがヒヤヒヤする場面も多し・・・。
でも必ず誰かが何かが助けてくれる幸運の持ち主です。
困難な事も沢山ありながら周囲を笑顔にする我が子のパワーと不思議な力に親は勇気と幸せをもらっています。
今後も色々な事に挑戦しながら元気に過ごしていけるよう見守っていきたいと思います。
過去の記事
土田直人&あかね 高橋 裕美 佐藤 翼
長浜 美彩・優華 山桑 大翔・宏翔 須知 誉